小原ポンプ
水道工事・水周りリフォーム・オール電化・床暖房

高齢化に伴うお年寄り世帯の増加
病気やけがによる身体能力の低下などで
手すりの取り付けなどのバリアフリー工事が増えています

廊下や階段などの移動のための手すり工事、
特に水周り(トイレや浴室)では、
その場所で行う動作(立ち座りや器具の操作など)が
多いため、より安全で体に負担がかからないような
手すりなど補助器具の活用が重要になります。

私は高齢者や障害者がより使いやすい住環境を提案できる
福祉住環境コーディネーター 2級 を有します。


福祉住環境コーディネーターとは? 家の中は危険がいっぱい
手すり取付け工事 トイレ改修工事 浴室改修工事



福祉住環境コーディネーターとは?
福祉住環境コーディネーターとは、高齢者や障害者に対して
より住みやすい住環境を提案するアドバイザーです。

医療・福祉・建築について幅広い知識を身につけ、
各種の専門職と連携をとりながらクライアントに
適切な住宅改修プランを提示します。

また福祉用具や諸施策情報などについてもアドバイスします。


福祉住環境コーディネーターの主な仕事

  • 介護保険制度下での住宅改修に係わるケアマネジャーとの連携
  • 福祉施策、福祉・保険サービスなどの情報提供
  • 福祉用具、介護用品から家具までの選択と利用法のアドバイス
  • バリアフリー住宅への新築、建て替え、リフォームにおけるコーディネート

家の中は危険がいっぱい

手すり取り付け工事

トイレ改修工事
トイレは一日のうちで何度もお世話になる、介護をする側される側両者とも
非常に負担のかかる介助となります。
ここでは、手すり工事ではなく住宅改修により


要介護者の部屋にトイレを設置

トイレへの移動、立ち座りに介護者の補助が必要、または部屋と
トイレが離れているために移動が困難な場合、多くの方が部屋に
ポータブルトイレ」を置かれています。

ただ、「ポータブルトイレ」は手軽に設置できる代わりにどうしても
「汚物」の後始末や使用後のバケツの掃除などに手間がかかります。
また、部屋に置いておくことは、どうしても「臭い」や「衛生上」
あまり好ましくありません。

[事例その1]

どうせトイレを部屋に置くのなら。。
介護ベッド脇の最も使いやすい場所に
水洗トイレを設置してみませんか?(↓イメージ)



ポータブルトイレ VS 部屋に水洗トイレ

ポータブルトイレ 部屋に水洗トイレ
(購入するだけ) 設置の容易さ
(費用等含む)
(配管等も必要)
(移動可) 設置場所
(移動は?)
(移動不可)
(バケツに溜める) 汚物は・・ (使用毎に処理)
(毎回掃除必要) 臭い (脱臭機能も有)
(毎回掃除必要) 清潔さ (使用毎に処理)
(別途トイレで処理) 汚物の処理 (不要)

介護ベット脇にトイレ用の
給水管、排水管をそれぞれ
配管します。
床下から工事ができない場合は
壁から給排水管を
取り出す場合もあります。
便器は圧迫感のないタンクレス
肘掛手すりも取付ます。
便器
INAX サティス
手すり
INAX 肘掛手すり

肘掛手すりは「跳ね上げ式」で不要な時は上に上げておくことができます。
また、目隠しにカーテンなどで仕切ることもできます。
便器を移動することはできませんが、介護者の「汚物」の後始末という
大変な作業を少しでも軽減、また部屋の中を清潔に保つということで
非常に好評です。
肘掛手すりには「背もたれつき」もありますので、利用状況に合わせて
使い分けることができます。


[事例その2]

部屋の中にトイレを置くのはちょっと・・
という人は、押入れを改造して
水洗トイレを設置してみませんか?(↓イメージ)




@工事前(90cm×90cm
  の押入れをトイレに改造

A
給水、排水管取り出し

B排水マス設置、給水分岐

C押入れ床に配管用に穴を開ける
E電気工事(コンセント、照明)
  を行い、後はもとの扉を付けて
  完成です。

  便器 TOTO コンパクトリモデル便器

D給水排水管を立ち上げます。


浴室改修工事